ブログ

  1. 板石が取り付けられました

    ビル壁面材が取り付けられました。工事中のビルの正面玄関に先日納めた板石が取り付けられました。金色の文字が一際引き立ちます。

  2. 中間色の石目に縁彫りの彫刻が映えるお墓 静岡市葵区円成寺F様

    設計段階からデザインにこだわったF様のお墓が完成しました。お施主様の要望を取り入れながらバランスよくなるよう設計しました。円柱の花立には素朴な花が好きだった亡きお母様のためにスミレの花を入れました。正面文字の彫刻には縁彫りを採用し、遠目でもよく見えます。

  3. ビル壁面材の彫刻と金箔貼り

    ビルの壁面に貼り付ける板石に建物の名称の彫刻作業を行いました。彫ったあと金箔を貼るので自動彫刻機で一定の深さに彫ります。箔を貼るときは風が吹くとまずいので暑いのを我慢して扇風機を止めての作業となりました。

  4. 自作ままごとカート

    子供が、カートが欲しいとずっと言うので、買うのもなんなので、100均で材料をそろえて自作することにしました。今回で3号になります。完成度もかなり上がり、おしゃれに仕上がりました。

  5. 石の表面加工

    一見なんの変哲もない石の表面ですが、角度を変えて見ると模様が浮き上がって見えます。自動彫刻機を使えばこのようなこともできます。

  6. 門柱にアクリルはめ込み

    半透明のアクリル板に文字を入れてはめ込んでみました。ライトを当てるとまた違った雰囲気になりそうです。

  7. 福泉寺K様 石目が引き立つシンプルな彫刻

    K様のお墓が完成しました。カロート、石塔ともに掃除がしやすく飽きがこないシンプルな作りにしました。正面文字は、より文字がきれいに見える縁彫りを採用しました。他の部材に彫刻を入れないことによって、正面の文字と石目が際立つお墓となりました。

  8. ゆりの花

    お墓にゆりの花を彫って欲しいとの依頼がありました。元となる画像は写真で、色も入れてほしいとのことでした。色を入れたときをイメージしながらデザインをおこします。色も単色でなく混ぜ合わせながら塗っていきます。完成した作品はほぼイメージ通りに仕上がりました。

  9. 墓石事業 クリーニング

    長い年月を経たお墓はコケなどが付着して変色してしまいます。写真のお墓の場合、紫色のコケが全体的に広がっており、手でこすっただけでは簡単にはとれない状態です。なかなかとれない頑固なコケもありますが、ほとんどのコケは高圧洗浄機でとれてしまいます。

  10. お墓の建て替え 解体と基礎コンクリの打設と根石の設置

    K様のお墓の解体工事を行いました。カロートは左官屋さんがつくったと思われますが、しっかりできていてなかなか壊れなくて苦労しました。更地になったところで基礎コンクリートを打設します。さらにコンクリートが固まる前に根石を設置します。こうすることで基礎と墓石が一体化して離れることはなくなります。








421-2115
静岡県静岡市葵区与左衛門新田1-1

ページ上部へ戻る