建立事例

  1. お墓の建て替え 解体と基礎コンクリの打設と根石の設置

    K様のお墓の解体工事を行いました。カロートは左官屋さんがつくったと思われますが、しっかりできていてなかなか壊れなくて苦労しました。更地になったところで基礎コンクリートを打設します。さらにコンクリートが固まる前に根石を設置します。こうすることで基礎と墓石が一体化して離れることはなくなります。

  2. 高所での字彫り

    脚立を2台立てて作業しました。彫刻ボックスも集塵機もコンパクトなのでこのような場面でも楽に彫れます。

  3. ひまわりの彫刻

    ひまわりの彫刻を依頼されました。ただ彫るだけでなく、中国の影彫り風に彫ってほしいとのことです。まずは試し彫りをいくつかやってみましたがかなりの難しさです。試してみながらここをどうしよう、ここはああしようと職人と相談しながら進めています。

  4. 自作 現場彫り用彫刻ボックス 実践

    本日も集塵付き彫刻ボックスを使ってみました。支度し終わったところ、ちょうどお施主様がお参りに見えられて、お水の交換をされていきました。今までの彫刻ボックスだと砂が飛び散って掃除が大変になるところ、新しい彫刻ボックスなら大丈夫だろうとそのまま作業を進めました。

  5. 自作 現場彫り用彫刻ボックス

    先日製作したボックスを改良して、実際に使ってみました。充電式集塵機は思ったより強力で、石に当てると軽く吸着する感じです。軽く支えながら下に彫り進めていきます。無事に終了し確認してみると、砂はほぼ飛び散っていません。ボックスの底に7割くらい、残りは集塵機に溜まっていました。

  6. ウェルカムボードの制作 色付きのイメージ

    先日制作したウェルカムボードですが、カラーホイルを裏からあてると鮮やかになります。試しに置いてみたところいい感じになりました。

  7. 自作 現場彫り用彫刻ボックス

    今まで使用していた自作ボックスは歪んだり穴が開いたりで、かなり砂が外にもれるようになってしまいました。そこで今度は小型集塵機を取り付けて極力砂やほこりが外にでない仕組みで作ることにしました。まだ試作段階なのでうまくいくかわかりませんが、試行錯誤してなんとか実用性があるボックスに仕上げたいと思います。

  8. 静岡霊苑 A様 黒御影石に金箔を貼ったお墓

    石碑に黒御影石を使用し、彫刻面に金箔を貼りました。スプレーなどの塗料の金だと日が経つにつれくすんだ色になりますが、金箔を貼ると艶やかな金色になります。

  9. お墓の設計

    先日F様とお会いしたときに石の種類とおおまかなデザインを決めていただいたのでそれをもとに図面と見積書を作成しました。デザインに関しては、お施主様の要望を取り入れながら全体のバランスを見て作成していきます。あまり凝った形や角ばかりだと落ち着かなくなってしまうので要所々々に丸みを取り入れます。

  10. 《続》ひまわりの絵画をお墓に彫るまで

    カットしたシートを石に貼り付け、砂をあてる部分だけシートをむきます。彫刻室の中で作業を行います。花と葉で彫り方を変えています。彫り終わったらシートをむいて完成です。







421-2115
静岡県静岡市葵区与左衛門新田1-1

ページ上部へ戻る